左手のピアニスト 岡田侑子

 

奈良県出身。奈良県私立帝塚山高等学校を経て、同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。在学中、ピアノを田渕千代子氏に、音楽療法を稲田雅美・濱谷紀子の各氏に師事。大学3年の時に右手に局所性ジストニアを発症したのをきっかけに、左手のためのピアノ曲と出会う。同時にピアニストの手の故障問題にも目を向けるため、様々な大学で音楽生理学やその関連領域を学び始める。大学卒業後、左手にも局所性ジストニアを発症し、いったん音楽から離れるも、音楽生理学関連で得た知識をもとにリハビリ方法を編み出し、2016年復活記念リサイタルを開催。その後2017年「片手のピアノリサイタル(奈良県生駒市)」、2018年「東京都三鷹市立高山小学校人権教育講演会」など、様々な演奏会・人権講演会などを行っている。演奏活動の傍ら、2018年大阪大学大学院医学系研究科科目等履修生高度プログラム「スポーツ医科学研究プログラム」にて運動学や解剖生理学、スポーツ医科学などを学び、2019年3月修了。